読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ引越ししました

トチの人生わくわくブログ

に引越しました。

 

よろしくお願いしますm(_ _)m

PBの思い出・オスロ(ノルウェー)編 後半

PB思い出

ピザでお腹が一杯になったところで

次の目的地に向かう。

 

メトロに乗り、着いた駅から

少し歩いて辿り着いた。

ムンク美術館だ。

 

ここではもう1枚の『叫び』や

(『叫び』は全部で4枚存在する)

有名な『マドンナ』など

ムンクの作品だけを存分に

見ることができる。

 

また、オスロ国立美術館の『叫び』は

撮影不可だが、ムンク美術館では

撮影可能というのも魅力的だ。

(ただ個人的には国立美術館

『叫び』の方が色鮮やかなので好き)

 

時間帯のせいか人も少なく

のんびりゆったりと

絵を見ることができた。

 

結局ムンク美術館には

閉館時間まで滞在し、

 

美術館内のお土産屋さんで

買おうと思っていた『叫び』の

スマートフォンケースは

時間切れで買うことができなかった。

 

 しかし今になって思うのだが

身近なスマートフォンのケースなんかで

『叫び』の絵を毎日見ていたら

きっと今頃精神を病んでいただろう。

 

あの時、時間切れで買えなくて

本当に良かったと思っている(^^;;

 

 

ムンク美術館を堪能した後は

再びメトロに乗り移動し、

ショッピングタイム。

 

街中を歩いている途中、

テロの現場なのか

花やメッセージカードが

手向けられている場所があった。

 

英語で書かれたメッセージカードの

内容を読み、悲しくなる。

 

 

気分転換に

北欧の妖精『トロール』の

専門店に入った。

 

少し不気味な雰囲気だが

かわいい人形が並んでいて

見ているだけで楽しい。

 

結局人形は買ったのかどうか

忘れてしまったが、

トロール達の無邪気な顔に

心が癒された。

 

ちなみにノルウェーでは

"いたずらっ子"としてトロール

日常生活に存在すると

信じられているそうだ。

 

(例えば物が無くなったら

トロールのいたずらだ、など)

 

トロールがいる日常の暮らし、

想像しただけで面白い。

 

 

他にも色んなお店をゆっくり見る。

気がつくと帰船リミットが迫っており、

急いで船へ。

 

本当は船に飛び乗りたい位だが、

その前に免税品を買ったので

港で税金の払い戻しをしてもらう。

 

急いで手続きをしてもらい、

全力で走って無事帰船!

 

どうやら私達がこの日最後の

帰船者だったようだ。

危なかった(^^;;

 

 

それにしてもオスロ

実に居心地が良い場所だった。

 

今度は1日だけではなく、

もっと長い期間で過ごしてみたい。

 

オスロ(ノルウェー)編・完

PBの思い出・オスロ(ノルウェー)編 前半

PB思い出

この船旅一番の目的地・オスロ

遂に到着。

 

航路にオスロがあったから

申し込んだと言っても過言ではない。

 

オスロには絶対に来たい

理由があった。

 

下船し、一番の目的地である

オスロ国立美術館へ向かう。

 

港から歩いて行ける距離にあるので

非常に便利。嬉しい。

 

途中見つけたジェラート屋さんで

ピスタチオのジェラートを購入する。

 

イタリア程ではないが

まあまあお手頃価格。

 

日本のジェラートはなぜ

あんなに高いんだろう?

 

 

食べながら歩いていると

今度はハードロックカフェを発見!

海外で見つけたら必ず入るお店だ。

 

グッズ売り場をじっくり見るが、

ほとんど他の国と

同じ品揃えだったので

何も買わずに出る。

 

 

色々見ながら歩いているうちに

オスロ国立美術館に到着!

 

入場料を払い中へ。

見たい絵はズバリ1枚しかない。

 

他の絵はザザッと見て

目的の絵がある部屋を目指す。

 

その部屋は美術館の少し奥の方にあり、

入口も1つしかないので

見つけるのに少し時間がかかったが

無事たどり着いた。

 

部屋に入ると1枚の絵が

ガラスのケースに守られ、

更にロープに囲まれて飾られている。

 

この絵がずっと見たかった

ムンクの『叫び』だ。

 

生で見ると

背景の色がとても鮮やかで美しい。

 

ちょうど絵の前に

椅子が並べてあるので

座ってゆっくり絵を眺められる。

 

美術館内は団体のツアー客が多く、

次から次へと色んな国の団体さんが

『叫び』の部屋へとやってきて

ガイドさん達が様々な言語で

絵の説明をするのだが、

 

私が部屋にいる間だけでも

日本語、韓国語、英語、スペイン語など

たくさんの言語が飛び交っていた。

 

様々な言語を聞きながら見る『叫び』。

 

ムンクの『叫び』は

高校生ぐらいの時から大好きになり、

一度生で見たいとずっと思っていた。

 

夢が叶い、感無量である。

 

『叫び』の絵を

1時間以上かけて目に焼き付け、

満足した所で美術館を出た。

 

 

ここでお腹が空いたので

おしゃれなテラスのレストランで

ピザを食べる。

 

味は結構普通だったが

景色がよかったので良い思い出。

 

お腹がいっぱいになった所で

次の目的地を目指そう。

 

オスロ(ノルウェー)編・つづく 

BEN&JERRY'S チョコレート&ナッツ

サークルKサンクス

BEN&JERRY'S

チョコレート&ナッツをゲット!

 

前回はチェリーガルシア味を食べ、

正直そこまで感動しなかったので

今回全く期待はしていなかったのですが

食べてみてビックリ。

 

まずチョコアイスが濃厚で本格的!

そして具材のチョコとクルミが

ゴロゴロと大量に入っていて大満足(^^)

 

チョコレート&ナッツ

かなりオススメです♪

 

f:id:decopon-chan:20160810090153j:image

f:id:decopon-chan:20160810090157j:image

プランドヴィーのアボカドデトックス

都営大江戸線六本木駅

改札を出てすぐにあるジュースバー、

『プランドヴィー』にて

"アボカドデトックス"をゲット!

 

ほんのり甘いアボカドジュースに

シャキシャキ食感の生野菜?が

入っていて面白い味!

 

名前の通り、

身体に良さそうかも(^^)

 

f:id:decopon-chan:20160809194346j:image

PBの思い出・ヨーテボリ(スウェーデン)編 後半

駅を一通り見た後はHaga地区へ。

 

急にトイレに行きたくなったので
辺りを探すが、
公衆トイレもお店のトイレも
みんな有料(コイン式)なので参った。

 

急いで両替所に行き
スウェーデンのコインをゲット!

 

近くにあったマクドナルドの
有料トイレに駆け込んで
何とか間に合った。

 

しかし街中のトイレが
みんな有料だなんて、
日本では考えられない。

 

割とトイレが近い方なので、
北欧に生まれなくて
ある意味よかったかも?!(^^;;

 


用を足して落ち着いた所で

Haga地区をまわる。


石畳の道の両脇にはお店がずらっと
立ち並び、お洒落な雰囲気を楽しめる。


街をゆっくり散策した所で
再び駅方面へ。

 

 

駅のすぐ近くに
ショッピングモールがあるので
のんびりショッピング。

 

雑貨屋さんにフランスのお鍋
ル・クルーゼが売っていたので
値段を見ると、かなりお買い得!

 

しかし"made in Vietnam"と書いてあり

『フランス製じゃないの?!』と

気になったので結局買わず。

 

後日談だが日本に帰国後、

ル・クルーゼのお店を見に行ったら

普通にみんなベトナム製だった。

 

同じベトナム製なら

やっぱりあの時

買っておけばよかった〜(^^;;

 

洋服屋さんや雑貨屋さんを

一通り見て気が済んだので

船に戻ろう。

 

駅のタクシー乗り場へ向かう。

 

もしかしたら東京のMさんに

(行きのタクシーでご一緒だった)

また会えるかな?!と思い、

 

近くの売店を見ながら待っていると

予想通りにMさんが登場!

 

こうしてMさんと

帰りも一緒のタクシーで

船の近くまで帰る。

 

まだ帰船リミットまで

時間があったので

ボルボ博物館(車のVOLVO)に

寄ることに。

 

建物に入ると

私達と同じ考えの船のお客さん達で

入口ゲートが殺到しており、

わんわんの騒ぎだった。

 

なんとか中に入るとそこには

ボルボの車が展示してあるほか、

ゴルフが楽しめるプレイルームがあり

帰船リミットの時間まで

十分遊ぶことができた。

 

ボルボ博物館を満喫し、船に戻る。

東京のMさんと楽しく過ごせた

ヨーテボリの旅だった。

 

ヨーテボリ(スウェーデン)編・完

PBの思い出・ヨーテボリ(スウェーデン)編 前半

PB思い出

イギリスを出港して

いよいよ北欧へとやってきた。

 

北欧の人達は

みんな英語がベラベラなので、

前もってその国独自の言葉を

勉強する必要が無いので嬉しい。

(その代わり英語を勉強するのだが^^;; )

 

 

船はヨーテボリに着いたので下船する。

今回は繁華街に行くのに

タクシーを使わなくてはいけない。

 

北欧はどうかわからないが

外国のタクシーはボッタクリだという

イメージが頭から離れないので

どうもタクシーは苦手だ。

 

タクシー乗り場に行くと

同じ船に乗っている

東京のMさんを発見!

 

声をかけると、Mさんも私達も

目的地が同じだったので

一緒にタクシーに乗って行くことに。

 

車内ではMさんのお孫さんが

スウェーデンの名物である

ミートボールが大好物だという

お話が聞け、とても楽しかった。

 

そんなこんなであっという間に

タクシーは目的地に到着。

 

かなり大きな駅に着いた。

(多分ヨーテボリ中央駅?)

 

Mさんとはそこで別れ、

私達は駅の中を散策する。

 

とにかく大きく、

かつ近代的で綺麗な駅だった。

 

きっと新幹線的な電車も

通っているのだろう、

スーツケースを持った人達で

駅の中は賑わっている。

 

所々に食べ物屋さんや売店があり、

名物のミートボールを

売っているお店を発見!

 

しかしサイズが小さいな...(^^;;

 

タクシーでMさんが

スウェーデンのミートボールは

ゲンコツ並みの大きさなんだ!』

 

なんて言っているのを

聞いたばかりだったので

なおさら小さく感じる。

 

どうせなら大きいミートボールを

食べたい!と思ったので

結局そこでは食べなかった。

 

しかしその後大きなミートボールを

見つけることは無く、

小さいミートボール

やっぱり食べておけばよかった!

 

今回の船旅では割と

『あの時食べておけばよかった!』

と後悔するパターンが多い気がする。

 

こうして旅を振り返って

やっと学習したのだが、

今度からは少しでも興味があるものは

片っ端から食べれば良いのではないか!

 

これからの旅の教訓にしよう。

 

ヨーテボリ(スウェーデン)編・つづく