読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PBの思い出・ビルバオ(スペイン)編 前半

下船し、無料のシャトルバスに乗って

メトロの駅(駅名忘れた)の

近くまで行く。

 

シャトルバスを降りた所で

早速スーパーを発見!

帰りに寄るとしよう。

 

ビルバオでの目的地は

グッゲンハイム美術館なので

メトロで最寄駅まで移動する。

 

今回はツアーに申し込んでいない

自由行動の人達が比較的たくさんいて、

なおかつみんな目的地は同じようだ。

 

目的の駅に着き地上に出ると

大きな広場があるのだが、

同じ船のお客さんでごった返している。

 

その中から"旅の師匠"の姿を発見!

 

"旅の師匠"とは今回の船旅で

出会ったのだが、

 

"師匠"の名の通り

若くして既に世界一周を

6、7回経験しており、

 

世界各地の観光地情報を

熟知しているお方なのである。

 

 

そんな師匠の姿をここで

見つけることができホッとした。

 

というのも、

段々と寄港地の下調べを

怠りがちになってしまい

 

駅からグッゲンハイム美術館への

行き方が全くわからなかったのだ。

 

 

急いで師匠の所へ行き

美術館への道を聞くと

 

さすが師匠、道を完璧に

インプットしているようで

おすすめの行き方を教えてくれた。

 

 

師匠に教えてもらった道を進み、

目的のグッゲンハイム美術館に到着!

 

大きな犬のオブジェが

出迎えてくれた。

 

入場料を払って中に入ると

リスボンの教会の時と同じように

 

同じ船のお客さん達が

オプショナルツアーで

ゾロゾロと来ていた。

 

キャビンが同じ階で、

よくお会いするおじさんもいたので

声をかけると

 

『この後バール(飲み屋さん)に

行くんだ〜』と

楽しそうに言っていた。

 

私も次回スペインに行った時は

バール、行ってみよう。

 

 

美術館は現代美術が中心で

大きな展示物が色々と置いてあり、

中には迷路のような道を実際に歩く

作品もあって面白かった。

 

現代美術が好きな人なら

行ってみると楽しいかもしれない。

 

 

美術館を見終わり外に出ると

もう一つのオブジェである

巨大グモを発見!

 

足が長いクモ、かっこいい。

 

どうやら六本木ヒルズにも

同じ作者による

巨大グモオブジェがあるらしいので

今度見に行ってみよう。

 

ビルバオ(スペイン)編・つづく