読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PBの思い出・ティルベリー(イギリス)編 前半

船はイギリスのティルベリーに到着。

首都ロンドンまで

約1時間の距離にある港町だ。

 

港の近くには電車の駅があり、

そこから直通でロンドンに行ける。

 

その手軽さからか、

自由行動の人が

かなりたくさんいた。 

 

私達も下船し、まずは駅を目指す。

 

駅に着くと知っている人が

あちらこちらに。

 

切符を買おうと窓口の列に並ぶと

前に並んでいた北海道のおじさんが

『この人達にも同じきっぷを』と

 

私達の分も頼んで下さった。

ありがたい。

 

お嬢さんがイギリス在住で

おじさん自身もイギリスに

何回も来たことがあるため、

電車の乗り方など詳しいそうだ。

 

 

電車が来たので乗ると

既に車内は結構混雑していた。

 

通勤で皆さん郊外から

ロンドンに行くのだろう。

  

電車に乗ること約1時間。

ロンドンに到着!

 

まずはバッキンガム宮殿を目指し

メトロに乗り換える。

 

乗り換えの際、たまたま偶然

リスボンを一緒に見て回った

おじさんとバッタリ会い、

 

おじさんもバッキンガム宮殿に

行くところだということで

またご一緒させて頂くことに。

 

すると近くにいた同じ船のマダムも

バッキンガム宮殿に行くようで、

マダムも合流。

 

みんなでバッキンガム宮殿を目指す。

 

 

メトロに乗り目的の駅に着いたので

地上に出るが、全く道がわからない。

 

おじさんが持っていた地図を

みんなで見るのだが、

地図を見てもやはりわからない。

 

するとマダムがブチ切れ、

『これじゃ衛兵交代式に

間に合わないから私先に行く!』

と言って1人で行ってしまった。

 

今回の船旅、

寄港地を女性と行動すると

ロクなことがないのは

どうしてだろう...(^^;;

 

その後おじさんが通行人の人に

道を聞いてくれ、

無事バッキンガム宮殿に到着。

 

宮殿の前は凄い人だったが、

人と人の間のすき間から

タイミング良く

衛兵交代式を見ることができた。

 

あの盛大な式を毎日やっているのかと

思うと驚きである。

 

一通り衛兵交代式を見終えたところで

おじさんと別れ移動する。

 

 

次の目的地はチョコレートで

有名なm&mのお店。

世界中で数店舗しかない貴重なお店だ。

 

ここのチョコレートは

そこまで食べないので、

キャラクターグッズが目的である。

 

メトロで移動し

最寄りの駅に着くと

早速m&mの紙袋をもっている人を

見つけたので声をかける。

 

親切な人で丁寧にお店の行き方を

教えてくれた。

おかげで迷わずお店に到着。

 

お店はまるでテーマパーク。

キャラクターの大きな人形が

あちこちにあって可愛いので

写真を撮りまくる。

 

売り場にはお気に入りの

グリーンちゃんのTシャツが

何パターンもあって嬉しい。

 

そしてお会計。

結構買ったので

小袋をいくつか欲しいと言うと

『上限3枚まで』と言われてしまった。

(ニューヨークのお店はもっとくれた)

 

やはりニューヨークの方が

サービス良いな、

なんて思いつつお店を後にする。

 

 

買い物の後はロンドンの街を散策。

 

ちょうどロンドンオリンピックの時

だったので、あちこちに

オリンピックの旗が掲げてあった。

 

それにしても

ロンドンの街並みはお洒落。

 

街を一通り散策して、

ティルベリーに帰るのであった。

 

ティルベリー(イギリス)編・つづく